ジュエリーリフォーム・修理の豆知識

ネックレスのチェーンが切れるパターンとその修理方法

1.ネックレスのチェーンが切れるパターンは2つある!

1-1.ネックレスの基本情報

ここでは、まずネックレスの金具の名称の説明と修理の方法の基本的な説明をしていきます。

①マルカン

マルカンはチェーンと引き輪を繋ぐために連結する丸形の金具です。

②プレート

引き輪をプレートにつけて繋ぐ役割をしています。

③引き輪

引き輪をプレートにつけて繋ぐ役割をしています。

ネックレス名称

溶接修理には大きく分けて2種類の修理方法があります。1つがロー付け、もう1つが共付け(ともづけ)という修理方法です。

①ロウ付け修理

ロウ付けは、接合するジュエリーよりも融点の低い合金のことをロウといい、そのロウ材を使いジュエリーに接合させていく工程をロウ付けと言います。

 

②共付け修理

共付け修理とは、ロウ付けはロウ材を使用して接合させていきますが、共付けはロウを使用せずに溶接をしたい箇所を直接溶かして溶接をしていく工程の事をいいます。ロウ付けに比べて技術を要します。素材のよりロウ付けより接続が甘くなることがあるので耐久性が弱い場合もあります。

1-2.マルカンから外れる場合

ネックレスが切れる?もしくは外れるパターンとして多いのが、マルカンから外れるパターンです。このパターンでお客様の中で多くの疑問を持つ内容として「購入時にお店の人がしっかり確認して渡してくれたのになんで外れてしまうの?」という疑問です。硬い金属なのに何故、しばらく使ったら壊れるのだろうと思われるご意見はごもっともだと思います。ですが金やプラチナはそんなに硬いものではありません。マルカンから外れてしまうのは、金やプラチナが時間と共に少しずつ開いてきて外れてしまうからなのです。では、何故外れるように作ってあるのでしょうか?それは、マルカンの部分がくっついた状態で同じようにチェーンが引っ張られた状態になるとチェーンが切れてしまう事になります。そうなると修理が高額になったり、破損の状態や形状によっては修理が出来ない場合もあります。マルカンが外れる事でマルカンの調整や交換でまた、ネックレスが使えるようになります。

1-3.チェーンや金具(引き輪)が壊れる場合

この場合もネックレスが引っ張られたことにより引き輪が破損してしまうというケースです。引き輪の留め具が緩んだり、壊れたりなどで使えなくなります。

2.ネックレスのチェーン切れの修理方法

2-1.マルカンが外れた場合の修理

マルカンが外れてしまった場合の修理方法ですが、マルカンが開いてしまった状態でしたら開きを直して戻してあげる事で再び使えるようになります。破損の状態が酷い場合は交換する事になります。ネックレスの使い方により時間の経過と共に再び外れてしまう状態が起こりますので定期的に調整する事をお勧めいたします。

2-2.チェーンや金具(引き輪)が壊れた場合の修理

チェーンや引き輪が破損した場合はロウ付けや金具の交換などの修理が必要になります。ネックレスの形状や破損状況によっては修理が複雑になり修理費用が高額になる場合もあります。

3.ネックレスの身に着け方と保管の仕方

最後に・・・
ネックレスを始めジュエリーは本来、繊細なものです。ですから使い方に十分注意を払う必要があります。日本がジュエリーを身に着けるようになってから百数十年しかありません。1000年以上前にはジュエリーを身に着ける文化があったようですが、長い間身に着ける文化が無かったようです。一方で西洋文化では、古くから身に着ける文化がありました。その身に着け方も日本とは違いジュエリーは階級の象徴でもあったそうです。近代では、島国の日本と違い天変地異や戦争などのリスクが高く身分が分かる為に身に着けたり、資産として常に持ち歩けるものとして保有されていたそうです。
日本では、ファッションとしての文化が根付いて身に着けていますが、取り扱いなどに関しては、例えばネックレスなどを身に着けたままでネックレスの破損に繋がったり指輪などもキズがついたまま磨きを怠ったりなどして輝きを失っていたりなど取り扱いやメンテナンスなどに改善の余地があると感じます。きれいに扱う事で身に着けた時にさらにその人を輝かせてくれるのがジュエリーです。洋服も汚れたらクリーニングをされると思います。ジュエリーも同じで定期的なメンテナンスがとても大事なのです。ジュエリーに関するメンテナンスなどは、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

メールのお客様:こちらから

お電話のお客様:044(555)3221

 

 

 

 

只今、ジュエリー修理のキャンペーンも行っています!!

またまたやります!時計の修理・指輪の修理を大特価で!

またまたやります!時計の修理・指輪の修理を大特価で!

2019-08-01 | Posted in ニュースリリース, ネックレス

 

意外と知らない指輪のサイズの測り方!男女平均サイズも公開!

1.指輪のサイズを測るにはいくつかの方法があります。

1-1店舗などで道具を使って測る方法。

ジュエリーショップなどでサイズを測る場合は幾つかありますが、ひとつはリングゲージ下記の写真のように実際にサイズごとのリングの大きさがあり指に実際に嵌めてみて大きさを測ります。この方法は実際に装着したときの感覚に近い状態なのでサイズ直しをする時には嵌めた感覚も分かりますし誤差が少ないです。もう一つはリングゲージ棒(サイズ棒)というものです。棒に指輪のサイズのメモリが刻んであり引っかかる位置がサイズになります。何れかの方法で測ることが出来ます。

1-2.自宅でも出来る指輪のサイズの測り方。

もうひとつの測り方はお店に行く前に自宅で測る方法です。一般の家庭にリングゲージやリングゲージ棒は無いと思います。そこで計測で使いものは、紙、定規、ハサミを使って測ります。測り方は紙を指に巻いて指のサイズに合わせてペンでマーキングしてマーキングした部分をハサミで切ります。紙を広げて定規で何cmになるか測れば自分の指のサイズが割り出せます。サイズは下記のリングサイズ表を参考にしてください。ただし、この計測方法は、リングゲージと比べるとアバウトな計測方法なのであくまでも目安とされた方がよいと思います。正確な計測はお店に行って測ってもらうのがよいでしょう。

意外と知らない指輪のサイズの測り方!男女平均サイズも公開!

 

2.指輪のサイズ表

2-1.サイズ表

下記の図が指輪のサイズになります。参考にしてください。

サイズ 直径(㎜) 円周(㎜) サイズ 直径(㎜) 円周(㎜)
1号 13.0 40.8 15号 17.7 55.5
2号 13.4 41.9 16号 18.0 56.5
3号 13.7 42.9 17号 18.4 57.6
4号 14.0 44.0 18号 18.7 58.6
5号 14.4 45.0 19号 19.0 59.7
6号 14.7 46.1 20号 19.4 60.7
7号 15.0 47.1 21号 19.7 61.8
8号 15.4 48.2 22号 20.0 62.8
9号 15.7 49.2 23号 20.4 63.9
10号 16.0 50.3 24号 20.7 64.9
11号 16.4 51.3 25号 21.0 66.0
12号 16.7 52.4 26号 21.4 67.0
13号 17.0 53.4 27号 21.7 68.0
14号 17.4 54.5 28号 22.0 69.0

 

2-2.男性・女性の平均サイズってどのくらい?

男の方と女の方の指輪のサイズの平均をご存知なく「私、指が太いから~」と謙遜される方もいらっしゃいますが実は指の太さは年齢などにも関係してきます。若い方ですと(10代~20代ぐらい)男性が15号~20号女性の方ですと8号~10号が平均になります。これが年齢を重ねるとどうしても体重の増加などで若い方より大きなサイズになる傾向にあります。余談ですが加齢により指先の細かい作業が不得意になる方が殆どですが、これも体重の増加に比例して指先が太くなり動かしづらくなるのだと思います。体と同じですね。

3.指輪のサイズってどうやって直すの?

3-1.一般的に言われている「指輪のサイズ直し」

一般の方からよく指輪のサイズ直しをする時に「叩いて伸ばすんですよね!」という声をよくお聞きします。当然、叩いて調整する事はありますが、この叩いて指輪のサイズを直すという作業は、あくまでも微調整をする程度のサイズ直しです。では、どうするのか?答えは一部、切断をして地金を足して接続していきます。お店によって違いますがワンサイズ地金を足すのに店舗により差はありますが、ワンサイズ基本料金プラスサイズ直しの料金で数千円が目安になります。また、サイズを詰める時も一部、切断をしてサイズ分をカットして詰めていきます。指輪を詰めるサイズ直しの目安は2,000円~3,000円程度になります。金額はあくまでも目安なので相談する店舗に事前に確認をされてください。指輪は硬いように感じます実はデリケートで少しの圧力で変形をしてしまうこともあります。例えば結婚指輪を長年つけていて気が付かないと思いますが、外してみると若干歪んでいます。ですからサイズ直しの時もしっかりと対応していかなければなりません。

3-2.指輪のサイズ直しも大事ですが・・・

今までは指輪のサイズ直しのお話をしましたが、指輪のサイズ直しでも指輪を切断します。これをもう少し手を掛けてデザインできる方法があります。それがジュエリーリフォームです。ジュエリーリフォームというフレーズを聞いたことがあるという方もいらっしゃると思いますが、有名なジュエリー店やチェーン店さんですと石を活かして新しい出来合いのリングにはめ込むことをジュエリーリフォームと表現しています。しかし本来のジュエリーリフォームは、今ある地金を活かしてトレンドのデザインにデザインし直して、その地金を一度、溶かして新しいデザインのジュエリーにしてあげる事が本来のジュエリーリフォームです。

有名なジュエリー店やチェーン店さんの場合は、一からデザインをするとフルオーダージュエリーの扱いになります。 地金を活用することで前述でもお話ししたように有名ジュエリー店が採っているジュエリーリフォームと地金まで使用していく店舗では加工賃だけになるので加工費用も大きく異なります。価格の部分だけならそのような違いが価格に影響されますがもう一つは、お持ちのジュエリーには、なにかしらの思い出があるのではないでしょうか?例えば結婚する時の婚約指輪や結婚指輪その指輪をデザインが古くなったからと引き出しにしまったままならお子様が結婚する時に受け継ぐ形でリフォームされると思いの詰まった指輪になるはずです。また、実際のケースで奥様がお子様の1歳のお誕生日にお子様の指のサイズのベビーリングにしました。お子様の誕生石をセットしてお誕生日とイニシャルを刻印しました。このように思いや記念にして大切な形にして尚且つ今、使えるジュエリーとして生まれ変わらせることができます。

このようにジュエリーは何度でも生まれ変わることができます。

思いを実用的に使えるジュエリーに変えることで身に着ける楽しさを実感できるジュエリーを創ってみませんか?