ADACHI-Jewelry-Reform.

Menu

しっくりくるダイヤモンドリングって?

心地のよいダイヤモンドリング

■Before

■After

 

【完成品名】
Ptダイヤデザインリング
【宝石】
センターダイヤモンド:0.635ct サイドダイヤモンド:計0.84ct
【地金】
Pt900
【他地金】
 
【サイズ】
#16
【その他】
サイドダイヤモンド新規ご用意
  
【仕上がり重量】
6.2g
【不足地金】
 
【余り地金】
 
 
 
  
【完成料金】
¥183.000(税込)
【余り地金下取り】
 
【合計】
 
 
 

 

ダイヤモンドのリング

ダイヤモンドリング、と聞いて思い浮かべる形は年代によってかわってくると思います。ジュエリーもお洋服と一緒で今の自分にしっくりくるデザインがちゃんとあります。若い頃にはいやいや、とてもとてもこんなギラギラしたもの(笑)と思ってなんの魅力も感じなかったのに、ある時を境に一粒ダイヤじゃなんとなく物足りなくなる、そんな年代を迎えた方におすすめのデザインです。

ちょっと話が逸れますが先日聞いていたラジオで、「特別な物を普段使いにしてみる」という提言がありました。たとえばお客様用にと自分の中では特別な時だけの器をあえて毎日のご飯に使うとか。特別な物って、100%自分がすきだ、素敵だと思っているものですよね。はじめは緊張するけど、そうしているうちにそれが当たり前の日常になってくる、そうすることで、自分の日常、自分のまわりには本当にすきと思えるものが集まってくるようになる、というような内容でした。

はじめは緊張するけど、そうしているうちにそれが日常になる。ジュエリーを身つけることも同じだなーと思いました。ずっと使っていなかったジュエリー、お直ししてまた宝石箱の中で特別な日を待つのではなく、できあがったその日から私の相棒!くらいの存在になるお品物になるといいなぁと思います。そしてそれを日常にしてくださるお客様の日々がより素敵なものになっていくと嬉しいです。