メディアデザインリフォーム

私たちのジュエリーリフォームシステム、それが【メディアデザインリフォーム】です。
思い出深い宝物にふたたび輝きをあて新しい想いを形にしてみませんか?
古くなったデザイン・タンスに眠ったまま・壊れたまま、こんなジュエリーが今、
使える素敵なデザインのジュエリー達に変身します。

メディアデザインリフォーム

メディアデザインリフォームとは、女性雑誌、ブランドカタログ、インターネットなどに掲載されている最先端のデザインを参考に、オリジナル性豊かなイメージのリフォームを創造するシステムです。現在のリフォームの主流は、やはり何と言いましてもスーパーブランドのデザインをモチーフとしたデザインが多く、別項でご紹介させて頂いております、空枠リフォームのデザインも、このスーパーブランドのデザインを多数用いられております。又テレビなどの映像の中でも、多くの芸能人や、ニュースキャスターらが身に付けているアクセサリーの殆どが、何れかのスーパーブランドジュエリーで有ると思われる程、今ではスーパーブランドジュエリーは人気の的となっております。そこで当社ではスーパープランドの複製をお勧めすると言うのではなく、あくまでユーザー様のオリジナリティーを柱として、各ブランドのデザインイメージを、ユーザー様の思い描かれているデザインの参考とされ、そのイメージを構築する手段として、テレビや雑誌で目に留めたデザインをチェック、又、携帯やパソコンのインターネットの中より、お気に入りのブランドやデザインをブックマークして頂き、それらのデザインの中から、ご自身のライフスタイルにベストマッチなデザインをチョイスして頂き、私共とご一緒にお手持ちのジュエリーとの整合性の検討を重ねまして、製作を進めさせて頂いております。メディアデザインリフォームはまさに、次代のニーズを取り込み、しかも普段使いに主眼を置きながらも、洗練されたデサインをご提供させて頂いております。

メディアデザインリフォーム2

このメディアデザインリフォームシステムは当社が構築させていただいたシステムで、このシステムが生まれた背景には幾つかの要因がありました。 一つは空枠入れ替えリフォームの場合、今まで愛用されていた枠は、地金として加工代金の一部、としてでしか取り扱われない事に疑問を感じたからなのです。 私共は本来のリフォームに立ち戻り、ユーザー様が大切にされていたその枠にて、お作りをさせて頂くシステムを開発し、「思い出を大切に」を当社のモットーに製作させていただいております。さらにデザイン面では、従来のリフォームシステム会社などの場合、以外にデザインが旧式化したタイプの物が多いため、目新しさに欠けることが多く、本当に満足できる物なのか私共は疑問を持っておりました。 そこで私共は、日々変わるデザインをその都度メディアより吸収する事により常に斬新なデザインをユーザー様にご提供出来るシステムを考案致しました。また当社のスタッフにてリフォームを担当している関係で中間マージンが一切掛からない為他社には真似の出来ないロープライスをも実現、きっとご満足のいく仕上がりをお届けさせて頂けるものと自信を持ってお勧めさせて頂いております。

是非皆様からのお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。

■リフォームをお考えの時、ショップにお出掛けになられる前のアドバイス!
1・お手持ちのジュエリーを先ず何にリメイクされたいのかをお考え頂きます。
ご自身のアクセサリーに対する好み、例えば婚約指輪のダイヤリングをお持ちの方で、お仕事上又はリングがお好きではない方には、通常の場合プチネックレスに作り直される方が大変多いのですが、ネックレスもちょっと!と思われる方も大変多くいらっしゃいます。その様な時にはご主人様の了解も必要となるのですが、ダイヤを2つに分けてピアスにお作りさせて頂くと言うご提案がございます。勿論お手持ちのピアスを二つに割ると言う事では有りません。お手持ちのダイヤが0.5Ctであった場合、お手持ちのダイヤに見合ったダイヤ、ピースが0.25ct×2ピース、又は0.3ct×2ピースのダイヤとお取り換え致しまして、ご自身のリングの地金にて製作させて頂きます。代金はダイヤのクオリティーや大きさによっても違いますが、ダイヤの交換で済む場合には、ピアスの加工代金およそ25.000円程度この様に先ず、何にリメイクをされたいのかを事前に考案して頂きます。
2・デザインを絞り込む
自身でおよそ何にリメイクをなされたいのかが決まりましたなら、先にご説明させて頂きました雑誌、カタログ、インターネットの中よりお好みのデザインをスクラップして頂き、ご自身がそのジュエリーをお付けになった時のイメージを思い描いて頂きまして、数点候補をチョイスして頂きます。
3・お電話又はメールにてお問い合わせをお掛け頂きます。
事前にご自身でお考えになられたデザインに付きまして、お話を頂戴させて頂きます。その上でどの様な形でお仕上げをさせて頂くのがベストなのかをアドバイスさせて頂きます。また全くリメイクに付いて思い描く事がちょっと、と思われていらっしゃるお客様には、私共より過去のリメイクの例を元にご説明をさせて頂きまして、ご相談をお伺いさせて頂きます。
4・お見積もりのお問い合わせ
ここまでの流れにより、ほぼデザインを絞り込む事が可能になられたかと思います。
その上で3までの内容を私共以外のショップ様にもご相談をされ、お見積もりをされて頂き、最終的にどちらでリメイクされるのがベストなのかご判断されまして、お決めになられる事が失敗しないリフォームのコツかと思われます。どうぞ大事な宝物でございます、悔いの残らないリフォームをなされます事をお勧め申し上げます。

メディアデザインリフォーム施工例
思い出のリングを毎日の暮らしの中で自然に感じられるデザインにリメーク。